忍者ブログ
ハイエンドヘッドホンと、デジタルオーディオの可能性を追求し続ける「だおさん」の紆余曲折blog。週1回(日曜日)or不定期更新。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回の比較は、
ウイングサポートと黒檀が目を惹く木製ヘッドホン
ATH-W5000(audio-technica)。

cmp_w5000.jpg          cmp_cd900st.jpg

ATH-W5000(audio-technica)    VS    MDR-CD900ST(基準)


(図の凡例については、以下記事参照のこと。
 http://puredigital.blog.shinobi.jp/Entry/26/

w5000_cpr.jpg

1.音質傾向
特徴としては、空間の鳴らし方。
強調した、擬似的な空間に聞こえる。つまり、エコー。
他のヘッドホンには見られない鳴らし方なので、
好みが非常に別れるだろう。
また、音圧が上がると解像度が極端に下がり、音が濁る。
低音は、どのジャンルを聴くにしても不足している。


2.楽器特性
声が苦手。低音成分が少ないため、
薄っぺらく、音が機械的ですらある。
特に女声は乾ききっていて艶やかさが感じられない。
木管楽器も同様のことが言える。逆に金管の表現はそこそこ。
弦楽器は、バイオリン群はイマイチだが
ギター類の硬質な音の表現は優れている。


3.装着感の悪さ
やはりウイングサポートの装着感は特筆すべきものがある。
頭頂圧は触れるものが無いので全くなし。
気になるのはコードに触れたときのタッチノイズが
ハウジングに伝播しやすい。
コードがハウジングに密着しているのか、
ハウジングの音響特性が影響しているのか、だろう。


4.本体機構の悪さ
作りは非常にしっかりしている。
黒壇自体も家具や楽器に使われる頑丈な素材なので
通常の扱いをしていればそうそう壊れることもなさそうだ。
ウイングサポートのお陰でヘッドバンドの調節も不要。


音に関しては、良く批判の上がるW5000だが、
確かに価格が6倍違うCD900STに互角というのも悲しい話。
弱点である低音は、イコライザを使うことで改善可能。
他のヘッドホンでは音割れや下品な低音に鳴るのだが
W5000に差し替えると何故か引き締まって品の良い低音が鳴る。
ポテンシャル自体はもっているのだが、デフォルトの環境下では
良さが出てこない、非常にもったいない機種。

あと、W5000は鳴らし始め30分は音が酷い。
エージング前のような、ペラペラした音が鳴る。
いい音で聴くなら、事前に準備鳴らしが必要。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Reduced cialis-generic no formula
cialis 10 pills x 20 mg
http://genericcialis-us.com - generic cialis cialis 10mg reviews sort by
- buy generic cialis
Garlivis 2014/05/08(Thu)12:37:51 編集
Serenity vardenafil generic no formula
levitra information logged
<a href=http://genericlevitra-usa.com>levitra online
</a> leeds levitra
- levitra online
Mertalig 2014/05/06(Tue)19:05:50 編集
Order generic-levitra without rules
levitra 10mg or 20mg register
<a href=http://genericlevitra-usa.com>generic levitra
</a> levitra coupon free trial edit profile
- levitra online
Rezlimes 2014/05/06(Tue)18:14:21 編集
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
簡易版機種別ショートカット
※各機種の関連記事にリンクします。
[STAX]
4070
[DENON]
AH-D7000(balanced)
[audio-technica]
ATH-W5000(balanced)
[audio-technica]
ATH-ESW10JPN
[ULTRASONE]
edition9(balanced)
[GRADO]
GS1000(balanced)
[GRADO]
PS1000(balanced)
[SENNHEISER]
HD800(balanced)
[Victor]
HP-DX1000
[AKG]
K701(balanced)
[SONY]
MDR-SA5000
[STAX]
SR-007A
 
[audio-technica]
ATH-ESW9
[STAX]
SR-001MK2
[SONY MUSIC]
MDR-CD900ST
[STAX]
SR-404
[PHILIPS]
SBC-HP1000
 
[HeadRoom]
Balanced Home Amp
[STAX]
SRM-007tA
[HeadRoom]
Portable Micro Amp
 
[Mark Of The Unicorn]
828mkII FireWire
[PS Audio]
Power Plant Premier
 
[岩井喬(書籍)]
新・萌えるヘッドホン読本(リンク集)
ブログ内検索
プロフィール
管理人:
誕生日(年齢):
1983/06/19(34歳)
近況メモ:
2016/11/25 - あっという間に時が流れ、このblogも開設から10年目。2016年はその締めくくりをしたく思っています。2000年代後半にハイエンドの虜になった、一人のマニアの軌跡です。

↓blog管理人直通メール↓
headphone.at.digi@gmail.com

※本blogはリンクフリーですが
 事後でも連絡があると嬉しいです。
 記事・画像の無断転用は遠慮下さい。
 意見質問等はコメントorメールを。

カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]