忍者ブログ
ハイエンドヘッドホンと、デジタルオーディオの可能性を追求し続ける「だおさん」の紆余曲折blog。週1回(日曜日)or不定期更新。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回の比較は、開放型ダイナミックヘッドホンとしては
最上位に位置するGS1000(GRADO)。

(図の凡例については、以下記事参照のこと。
 http://puredigital.blog.shinobi.jp/Entry/26/

cmp_gs1000.jpg    cmp_cd900st.jpg
      GS1000(GRADO)           vs       MDR-CD900ST(基準)



gs1000_cpr.jpg
1.音質傾向
開放型なので空間表現はいうまでも無く、
低音の量は開放型とは思えないほど出ている。
見てわかるとおり、明らかに中音域が不足。
典型的なドンシャリサウンドになり、
何を聴いても音が薄っぺらく感じる。
また、高音の量はどちらかというと過剰。
耳に刺さるような、質の低い一部高音が耳に障る。

2.楽器特性
平均的ではあるが、やはり前述のとおり
音の厚みが足りないため、本物らしさが欠如している。
女声は特に致命的で、音が乾いており、
サ行のような摩擦音は耳が痛くなって不快。
弦楽器は、ビオラ・チェロの豊潤さが無くイマイチ。
打ち込み系は低音が出ているだけ、悪くはない。

3.装着感の悪さ
優秀。
本体が軽いのもあり、重み圧力は全く感じない。
問題は、ウレタンのようなガサガサしたイヤパッドが
好みに合うかどうか、だろう。
ウレタンは通気性が良く、夏でも蒸れない。
装着感に関してGS1000は
ハイエンドトップクラスといってよい。

4.本体機構の悪さ
一言で言うと、どのパーツを見ても安っぽい。
木製で、ドライバー部もとても頑丈には見えない。
ハウジング外側のメッシュが簡単に禿げて目立つ。
ヘッドバンドの長さの調節が難しいのだが
一度決めてしまえばそうそう簡単にずれたりしない。
コードがデフォルトだと短い(1m)。

平均以上の能力があるだけに、音バランスに疑問を感じる。
GS1000だけ聴いていると、低音の量や
解像・空間の表現の巧さもあって悪く感じないのだが
別のヘッドホンと比較すると中音域の大切さを感じる。
また、高音も「耳が痛くなる」タイプの質の悪いものが目立つ。
イコライザが使えるなら、中音成分を増やし、
高音をちょっと抑えるくらいがちょうどいいだろう。

GS1000は、W5000と同じように、
鳴らし始めの音はエージング前のようなペラペラした音になりやすい。
本来の音に戻すために、30分ほど鳴らし準備が必要。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
簡易版機種別ショートカット
※各機種の関連記事にリンクします。
[STAX]
4070
[DENON]
AH-D7000(balanced)
[audio-technica]
ATH-W5000(balanced)
[audio-technica]
ATH-ESW10JPN
[ULTRASONE]
edition9(balanced)
[GRADO]
GS1000(balanced)
[GRADO]
PS1000(balanced)
[SENNHEISER]
HD800(balanced)
[Victor]
HP-DX1000
[AKG]
K701(balanced)
[SONY]
MDR-SA5000
[STAX]
SR-007A
 
[audio-technica]
ATH-ESW9
[STAX]
SR-001MK2
[SONY MUSIC]
MDR-CD900ST
[STAX]
SR-404
[PHILIPS]
SBC-HP1000
 
[HeadRoom]
Balanced Home Amp
[STAX]
SRM-007tA
[HeadRoom]
Portable Micro Amp
 
[Mark Of The Unicorn]
828mkII FireWire
[PS Audio]
Power Plant Premier
 
[岩井喬(書籍)]
新・萌えるヘッドホン読本(リンク集)
ブログ内検索
プロフィール
管理人:
誕生日(年齢):
1983/06/19(34歳)
近況メモ:
2016/11/25 - あっという間に時が流れ、このblogも開設から10年目。2016年はその締めくくりをしたく思っています。2000年代後半にハイエンドの虜になった、一人のマニアの軌跡です。

↓blog管理人直通メール↓
headphone.at.digi@gmail.com

※本blogはリンクフリーですが
 事後でも連絡があると嬉しいです。
 記事・画像の無断転用は遠慮下さい。
 意見質問等はコメントorメールを。

カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]