忍者ブログ
ハイエンドヘッドホンと、デジタルオーディオの可能性を追求し続ける「だおさん」の紆余曲折blog。週1回(日曜日)or不定期更新。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

比較企画第1回目は、
ダイナミック型最強のヘッドホンである
edition9(ULTRASONE)。
cmp_edition9.jpg vs cmp_cd900st.jpg

  edition9(ULTRASONE)        MDR-CD900ST(基準)



(図の凡例については、前回記事参照のこと。
 http://puredigital.blog.shinobi.jp/Entry/26/


edition9.jpg

1.音質傾向
正直なところ、CD900STとは勝負にならないレベル。
CD900STの解像度も高いほうなのだが、
さすが値段が15倍近くもするedition9には足元に及ばない。
特に低音の質と量が圧倒的で、10点では足りないくらい。
しかし、あまり下品にならないのが不思議。

2.楽器特性
こちらも、殆どedition9の圧勝なのだが、
バイオリンと女声の鳴り方について、
音が非常に遠く感じ、不自然。
木管楽器は、本物らしい温かみがかけている。
打ち込み系の音の迫力・厚みは圧倒的で他の追随を許さない。
TECHNO・TRANCEを鳴らせたら間違いなく世界一のヘッドホン。

3.装着感の悪さ
念のため補足するが、装着感と機構の評価は
点数が高いほど「悪い」ものとなる。
装着感の悪さもハイエンドヘッドホンではトップクラス。
タッチノイズはともかくとして、
側圧、頭頂圧、重量感…いずれもハイエンドとしては最悪で
とにかく体に負担のかかるヘッドホンだ。

4.本体機構の悪さ
こちらも悪さが目立つ。
重量感のあるハウジングの割りに、機構が安っぽいプラ製。
いつか可動部がポキッと折れてしまわないか、不安。
少なくとも、落下時はプラ部分が確実に致命傷となる。
ハウジングは子傷・指紋が付きやすい。そして目立つ。
コードもねじれ癖が着きやすく、保管が難しい機種だ。

<総括>
CD900STは、ヘッドホンの中では比較的優秀なほうの機種。
にもかかわらず、edition9の前では量産型の安っぽさが滲み出る。
それくらい、edition9は強烈なサウンドと性能を持っている。
しかし、装着感や機構においてはCD900STのほうが遥かに優秀。
折角いい音を出すのに、長時間使用に堪えることのできない
非常にもったいない機種でもある。

次回は、黒檀ハウジングでおなじみのATH-W5000。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
簡易版機種別ショートカット
※各機種の関連記事にリンクします。
[STAX]
4070
[DENON]
AH-D7000(balanced)
[audio-technica]
ATH-W5000(balanced)
[audio-technica]
ATH-ESW10JPN
[ULTRASONE]
edition9(balanced)
[GRADO]
GS1000(balanced)
[GRADO]
PS1000(balanced)
[SENNHEISER]
HD800(balanced)
[Victor]
HP-DX1000
[AKG]
K701(balanced)
[SONY]
MDR-SA5000
[STAX]
SR-007A
 
[audio-technica]
ATH-ESW9
[STAX]
SR-001MK2
[SONY MUSIC]
MDR-CD900ST
[STAX]
SR-404
[PHILIPS]
SBC-HP1000
 
[HeadRoom]
Balanced Home Amp
[STAX]
SRM-007tA
[HeadRoom]
Portable Micro Amp
 
[Mark Of The Unicorn]
828mkII FireWire
[PS Audio]
Power Plant Premier
 
[岩井喬(書籍)]
新・萌えるヘッドホン読本(リンク集)
ブログ内検索
プロフィール
管理人:
誕生日(年齢):
1983/06/19(33歳)
近況メモ:
2016/11/25 - あっという間に時が流れ、このblogも開設から10年目。2016年はその締めくくりをしたく思っています。2000年代後半にハイエンドの虜になった、一人のマニアの軌跡です。

↓blog管理人直通メール↓
headphone.at.digi@gmail.com

※本blogはリンクフリーですが
 事後でも連絡があると嬉しいです。
 記事・画像の無断転用は遠慮下さい。
 意見質問等はコメントorメールを。

カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]