忍者ブログ
ハイエンドヘッドホンと、デジタルオーディオの可能性を追求し続ける「だおさん」の紆余曲折blog。週1回(日曜日)or不定期更新。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回の比較は、名実ともに頂点のヘッドホンである
SR-007A(STAX)。
本blogの検索ワードランキングも開設以来独走1位で
如何に注目された機種かが伺える。

(図の凡例については、以下記事参照のこと。
 http://puredigital.blog.shinobi.jp/Entry/26/

cmp_007a.jpg      cmp_cd900st.jpg

       SR-007A(STAX)              vs       MDR-CD900ST(基準)



007a_cpr.jpg

1.音質傾向
はっきり言ってしまえば、全くもって勝負にならない。
どの音域をとっても、SR-007Aが一回りも二回りも上。
開放型ならではの広大な音場と澄んだ高音域、
そして一切の曇りを感じない極限の解像度の高さが
ため息が出るくらい美しい音質を生み出している。

2.楽器特質
特筆すべきは弦楽器と女声。
弦楽器、バイオリン群はとにかくリアルの一言。
弦の生々しい振動が、本物の音と一切違わない。
女声も、中低音成分の艶と高音成分の張りが絶妙。
打ち込みについては、音の圧力はCD900STが勝っている。
それ以外の音のキメ細かさや輪郭の明瞭さ等は圧倒的。

3.装着感の悪さ
側圧は若干強い。イヤパッドは非常に柔らかいので
痛みを感じることは無いが、押さえつけられている感触がある。
その他については、平均的な感じ。
長時間装着で疲れることは無い。
思ったほど重量感は感じない。

4.本体機構の悪さ
外部よりも内部が非常に精密なつくりのため、
取り扱いには十分な注意が必要。
フリーアジャストなのだが、自然な装着ではなく、
装着には若干の工夫が必要。
イヤパッドが、他に比べて油脂汚れが目立つ。
コードが太く重いので癖が付くことはない。


やはり、圧倒的な力の差を感じる。
特に弦楽器の音がこれ以上ないほどリアル。
私は大学4年間オーケストラに所属していたが、
SR-007Aから出てくる弦楽器の音はまさに本物といえる。
(音というより、弦の振動、という感じの鳴り方)
何を聴くにしても、生々しく、そして澄んだ音が聴ける。
弱点という弱点が無く、せいぜい保管や管理が難しい程度か。
味付けが少なく、ノリを楽しむためのヘッドホンではないが、
禁欲的に洗練された、本物の音が出せる唯一無二の機種といえる。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
簡易版機種別ショートカット
※各機種の関連記事にリンクします。
[STAX]
4070
[DENON]
AH-D7000(balanced)
[audio-technica]
ATH-W5000(balanced)
[audio-technica]
ATH-ESW10JPN
[ULTRASONE]
edition9(balanced)
[GRADO]
GS1000(balanced)
[GRADO]
PS1000(balanced)
[SENNHEISER]
HD800(balanced)
[Victor]
HP-DX1000
[AKG]
K701(balanced)
[SONY]
MDR-SA5000
[STAX]
SR-007A
 
[audio-technica]
ATH-ESW9
[STAX]
SR-001MK2
[SONY MUSIC]
MDR-CD900ST
[STAX]
SR-404
[PHILIPS]
SBC-HP1000
 
[HeadRoom]
Balanced Home Amp
[STAX]
SRM-007tA
[HeadRoom]
Portable Micro Amp
 
[Mark Of The Unicorn]
828mkII FireWire
[PS Audio]
Power Plant Premier
 
[岩井喬(書籍)]
新・萌えるヘッドホン読本(リンク集)
ブログ内検索
プロフィール
管理人:
誕生日(年齢):
1983/06/19(34歳)
近況メモ:
2016/11/25 - あっという間に時が流れ、このblogも開設から10年目。2016年はその締めくくりをしたく思っています。2000年代後半にハイエンドの虜になった、一人のマニアの軌跡です。

↓blog管理人直通メール↓
headphone.at.digi@gmail.com

※本blogはリンクフリーですが
 事後でも連絡があると嬉しいです。
 記事・画像の無断転用は遠慮下さい。
 意見質問等はコメントorメールを。

カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]