忍者ブログ
ハイエンドヘッドホンと、デジタルオーディオの可能性を追求し続ける「だおさん」の紆余曲折blog。週1回(日曜日)or不定期更新。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

好みの音にカスタマイズできるイヤホン


上記記事で紹介されているのは、
SLEEK AUDIOというメーカーから発売されているという、
音質を自分好みにカスタマイズできるイヤホンだ。
付属のパーツを交換することによって、同じイヤホンでありながら
さまざまな音を作ることができるという、なんとも意欲的な商品だ。

ヘッドホンやイヤホンはメーカーによって、
あるいは同じメーカーでも機種によって音質が異なり、
自分好みの音に出会うためには、実際に試聴するか、
あるいは(私のように)特攻して自分好みの音に出会うために
日夜財布と戦うかなど、色々と苦労(?)は絶えない。

カスタマイズできる部分にももちろん限界はあると思うが、
しかし、こうやって1つの機種で色々な音が楽しめるというのはなかなか面白い。
スピーカーとヘッドホンの大きな違いの一つといえば、カスタマイズである。
スピーカーであれば、自分好みの音に合わせて自作することが可能だが、
ヘッドホンはカスタムキットがあるわけでもなく、
相当工作に自信のある人でなければ自作することは困難だろう。
(アンプのほうで自作する人はたくさんいるが…)

今回はイヤホンだけだったが、いつか、どこかのメーカーで、
ぜひこういったカスタマイズできるヘッドホンというものが生まれてほしい。
改造ではなく、手軽に部品を交換することによって
ヘッドホンを取り替えるように1つのヘッドホンで様々な音が聴くことができれば
ヘッドホンで聴く音楽の楽しみが別の意味で増えるのではないだろうか。

音質のほうはもちろん、見た目のカスタマイズ、
着せ替えケータイならぬ着せ替えヘッドホンなんてものが
普及帯で発売されれば、ファッション感覚としても面白いのではないだろうか。
着せ替えといっても、せいぜいハウジングの色を取り替えるぐらいだろうけど、
今のところ、そういうヘッドホンはまだ出ていない…という認識でいる(出ていたらゴメンナサイ)。

こういったイヤホンがでるのも、
不況で複数のイヤホンをたくさん買って音を選ぶよりも
一つのイヤホンを買って、それを末永く使いこなそうという
時代や世相の流れが見え隠れしているのだろうか…などとちょっと考えてしまう。
…単純に自分の考えすぎとは思うが。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カナルイヤホンデビュー
木製第2弾、ある意味テクニカのより木…振動板まで木のVictor HP-FX500ゲットしました
ATH-ESW9の為にキャリングケースを購入したら自宅用にという本末転倒と木霊の誘惑?の結果です
安心感と引き換えのかさばり
コンパクトにならイヤホン?×木=HP-FX500となりました

合わない方もいるらしい低反発イヤーピースも上手くフィットし新品ながら既に満足な音にイヤホンをナメてた事実感です
木霊坊主 2010/03/09(Tue)02:01:48 編集
Re:カナルイヤホンデビュー
木霊坊主さん
コメント、ありがとうございます!

Victor行きましたか!ライバル不在で有名な、FX500ですか!
購入おめでとうございます!
Victorは音づくりが独特ですが、好みにはまれば
とことんのめり込んでしまいますよね。DX1000なんかもそうです。

カナル型は、私もはるか昔に安物を購入して耳に合わず
痛い思いをした経験があります…。
それがトラウマというわけではないですが、
やっぱり硬派にオーバーヘッドのヘッドホンにこだわって
カナル型には手を出していないのですが、夏場が厳しいんですよね…。

FX500にかわる上位機種は現在は不在なので、
気に入ってしまえば末永く使える機種になるのではないでしょうか。
ぜひ大切に使ってあげてください!
【2010/03/21 20:16】
無題
カスタマイズは音質よりも、DAP含めたトータルファッションの一部として発達しそうですね。
大型ヘッドホンは、ケーブルの着脱が簡単にできるようにして欲しいなぁ、といつも思ってます。
断線時の素早い交換や、収納の際に便利そうだから、と言う理由です。
あと、バランス⇔アンバランスの使い分けも簡単になりますし。
plto 2010/02/21(Sun)02:44:22 編集
Re:無題
pltoさん
コメント、ありがとうございます!

私はヘッドホン購入が基本ネット通販なので
なかなかヘッドホン売り場を見に行くことがないのですが、
最近訪れた時には、エントリー価格帯が随分派手になったなぁという印象でした。
特にイヤホンはもはやファッションの一部として認知されているのではないでしょうか。

ケーブルの着脱は、HD800でその便利さがわかりました。
特にバランスケーブルは取り回しがよくないので
なかなか収納には困ってしまうことがあります…。
K702のように、キャノンコネクタにすると
さらにメンテナンスしやすいと思うので、
着脱かつ規格を統一してもらえると、ユーザとしてはありがたいですね。
【2010/03/21 19:44】
無題
ハウジングを手軽に交換できたら面白そうな
ウチのならATH-A900 チタンの限定品あったそうですし…って簡単にはいかないでしょうけど色んな素材、木製でも色んな種類とかに交換出来たら楽しいでしょうね

現実的には中古取り扱い店が増えそうな?

そのうちブック〇フや家電量販店に中古ヘッドホンコーナーが?
坊SE 2010/02/16(Tue)18:39:07 編集
Re:無題
坊SEさん
コメント、ありがとうございます!

A900は色々バリエーションがありますが、
A900の名を借りつつも中身は別物に近いので
コレクションしている人はうまく使い分けているのではないでしょうか。
私がヘッドホンにはまりだした頃が、ちょうどA900LTDが
まだ店頭で新品買える頃でした。
学生の頃だったので、お金もなく、ただ眺めるだけでしたけど…。

ヘッドホンは限定品を除けば、基本的に市場で長生きする商品なので
最近流行りのアウトレットとかには並ばない印象ですね…。
たま~にアウトレットヘッドホンやB級品が並ぶこともありますが…。
中古市場も活発になってほしいですが、
そもそも地方だと新品のヘッドホンすら品ぞろえが残念な感じなので
まずはヘッドホン(特に中堅価格帯以上)が
もっと繁栄してほしいです…。
【2010/03/21 19:36】
無題
見た目のカスタムならちょっと違いますがKOTORIってイヤホンがFOSTEXから出ましたね。
知ってたらわざわざごめんなさいorz

改造レベルの作業ではなく、それこそ手軽にいじれると言うのは魅力ですね。
気分やアーティストさんに合わせて変化させられると言うのは結構大きな強みだと思います。

そういうアプローチの仕方もこれから増えてくるんでしょうかね。
ただ、最近はイヤホンをあまり使わないので、ヘッドホンでも出ないかなーと思っていたりです・・・
SAKURA URL 2010/02/16(Tue)02:45:01 編集
Re:無題
SAKURAさん
コメント、ありがとうございます!

KOTORI、知りませんでした…
検索してみましたが、若者向けというか、
ターゲットをかなり狙っているなかなかの商品だと思います。

ヘッドホンでもケーブル交換など玄人志向の改造はありますが、
もうちょっと手軽に音を変えれるようになると、
色々遊べて面白いと思うんですが、
まだそういう商品はでてないみたいですねぇ…需要はありそうなんですが。
多分(笑。
【2010/03/21 19:25】
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
簡易版機種別ショートカット
※各機種の関連記事にリンクします。
[STAX]
4070
[DENON]
AH-D7000(balanced)
[audio-technica]
ATH-W5000(balanced)
[audio-technica]
ATH-ESW10JPN
[ULTRASONE]
edition9(balanced)
[GRADO]
GS1000(balanced)
[GRADO]
PS1000(balanced)
[SENNHEISER]
HD800(balanced)
[Victor]
HP-DX1000
[AKG]
K701(balanced)
[SONY]
MDR-SA5000
[STAX]
SR-007A
 
[audio-technica]
ATH-ESW9
[STAX]
SR-001MK2
[SONY MUSIC]
MDR-CD900ST
[STAX]
SR-404
[PHILIPS]
SBC-HP1000
 
[HeadRoom]
Balanced Home Amp
[STAX]
SRM-007tA
[HeadRoom]
Portable Micro Amp
 
[Mark Of The Unicorn]
828mkII FireWire
[PS Audio]
Power Plant Premier
 
[岩井喬(書籍)]
新・萌えるヘッドホン読本(リンク集)
ブログ内検索
プロフィール
管理人:
誕生日(年齢):
1983/06/19(34歳)
近況メモ:
2016/11/25 - あっという間に時が流れ、このblogも開設から10年目。2016年はその締めくくりをしたく思っています。2000年代後半にハイエンドの虜になった、一人のマニアの軌跡です。

↓blog管理人直通メール↓
headphone.at.digi@gmail.com

※本blogはリンクフリーですが
 事後でも連絡があると嬉しいです。
 記事・画像の無断転用は遠慮下さい。
 意見質問等はコメントorメールを。

カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]