忍者ブログ
ハイエンドヘッドホンと、デジタルオーディオの可能性を追求し続ける「だおさん」の紆余曲折blog。週1回(日曜日)or不定期更新。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

080601-153528.jpg

[[ 高コストパフォーマンスのポータブルヘッドホン ]]

ATH-ES7(画像:左)は、約1年ほど、
外用のヘッドホンとしてほぼ毎日使い続けたポータブルヘッドホンだ。
昨年10月に発売されたESW9(画像:右)に役割がとってかわったので
現在は静かに眠っている状態である。


ES7が発売された2005年は、iPodをはじめとしたポータブルの
デジタルオーディオプレイヤー(DAP)が活況を見せ、
appleにおいてもipod shuffleやipod nano、
現在ではclassicと呼ばれているハードディスク型のipodもカラー液晶・動画対応など
飛躍的にDAPが伸びた年でもある。

DAPのハードディスク大容量化により、高ビットレート再生ができるようになり、
高音質を求めるユーザも少なからず出てきた。
ES7は、当時としては国内のポータブルヘッドホンとしては1万円台後半という
高級品として位置づけられている。
今でこそSHUREやETYMOTIC RESEARCH、Sensaphonicsといった
高級インイヤーを使う人が増えているものの、
当時、まともな音を鳴らせるポータブルヘッドホンといえば
BOSEのTriport(現・BOSE around-ear Headphone)、
SENNHEISERのHD25、国内ならせいぜいDJヘッドホンぐらいだった。


久しぶりに取り出して聴いてみたところ、
やはりES7はポテンシャルとしては十分高いものを持っている。
以前行った比較企画のような厳密な音比較はしていないものの、
ESW9と比べた場合、単純に‘量’でいえば低音も高音もES7のほうが上だ。
俗にいう「ドンシャリ系」ではあるものの、バランスがそれほど崩れていない。
ノリが非常によく、縦ノリ系の曲を好んで聴く人には
ESW9よりも「良い」と感じるかもしれない。

もちろん、完璧なヘッドホンなどこの世には存在しないため、
ES7でいえば、辛いのは音場の狭さと装着感の悪さだろう。
鏡面ハウジングも見た目は奇麗だが、ちょっとした指紋や傷が目立つため
こまめな手入れも必要だ。

現在のブームは、やはりインイヤーで、
高級機もバランスド・アーマチュアのほうに注力されているのか
なかなか良質な小型のオーバーヘッド型が登場しない。
そのような中でも、ES7はESW9に並ぶ、非常に完成度の高いヘッドホンであり、
数少ない中堅価格帯としても、長く活躍し続けることができるモデルだ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
簡易版機種別ショートカット
※各機種の関連記事にリンクします。
[STAX]
4070
[DENON]
AH-D7000(balanced)
[audio-technica]
ATH-W5000(balanced)
[audio-technica]
ATH-ESW10JPN
[ULTRASONE]
edition9(balanced)
[GRADO]
GS1000(balanced)
[GRADO]
PS1000(balanced)
[SENNHEISER]
HD800(balanced)
[Victor]
HP-DX1000
[AKG]
K701(balanced)
[SONY]
MDR-SA5000
[STAX]
SR-007A
 
[audio-technica]
ATH-ESW9
[STAX]
SR-001MK2
[SONY MUSIC]
MDR-CD900ST
[STAX]
SR-404
[PHILIPS]
SBC-HP1000
 
[HeadRoom]
Balanced Home Amp
[STAX]
SRM-007tA
[HeadRoom]
Portable Micro Amp
 
[Mark Of The Unicorn]
828mkII FireWire
[PS Audio]
Power Plant Premier
 
[岩井喬(書籍)]
新・萌えるヘッドホン読本(リンク集)
ブログ内検索
プロフィール
管理人:
誕生日(年齢):
1983/06/19(34歳)
近況メモ:
2016/11/25 - あっという間に時が流れ、このblogも開設から10年目。2016年はその締めくくりをしたく思っています。2000年代後半にハイエンドの虜になった、一人のマニアの軌跡です。

↓blog管理人直通メール↓
headphone.at.digi@gmail.com

※本blogはリンクフリーですが
 事後でも連絡があると嬉しいです。
 記事・画像の無断転用は遠慮下さい。
 意見質問等はコメントorメールを。

カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]