忍者ブログ
ハイエンドヘッドホンと、デジタルオーディオの可能性を追求し続ける「だおさん」の紆余曲折blog。週1回(日曜日)or不定期更新。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回紹介するヘッドホン+ヘッドホンアンプは、
現在は実家で静かに眠っているもの。
しかし、非常に思い出深く、品質としても良いものなので
ここで紹介しておこうと思う。


[[ PHILIPS / SBC-HP1000 ]]
080106-1.jpg080106-2.jpg

フィリップスのヘッドホン、と聞くと、よほどのマニアでなければピンとこないとは思う。
このSBC-HP1000は、フィリップス製としてはハイエンドモデルということになる。

SBC-HP1000の最大の特徴は、価格に見合わない贅沢感、コストパフォーマンスだ。
画像を見てもらえばわかるように、高級ヘッドホンでもなかなかお目にかかれないような
立派な化粧箱に入っている(箱自体は厚紙なのだが…)。
これだけ立派な外観にもかかわらず、価格は実勢で1万5千円程度。

つくりに関しても、同価格帯のヘッドホンより、よっぽどしっかりしている。
オーディオテクニカのウィングサポートににた構造をしているのだが、
装着感はふっくらとしていて心地よく、気になる側圧や頭頂部の圧力も無し。

さらにいえば、その音質も実に特徴的で興味深い。
どちらかというと、音は暗く、10万円台ヘッドホンに比べれば当然明瞭さや繊細さは落ちるが、
特徴的な中音域の鳴らし方が、逆に効果的な温かさをもたらす。
ハイエンドになればなるほど、エッジのきつさが際立ってくるのもあってか、
このヘッドホンは値段や単純な性能にとらわれない、独特の魅力がある。

このヘッドホン、実は私がヘッドホン収集のきっかけとなる思い出のヘッドホンだ。
W5000、edition9、GS1000…ヘッドホンの最上級を手にしたとはいえ、
このヘッドホンの個人的な評価や価値は、今でもゆるぎない。
価格に単純比例して品質が良くなるのがヘッドホンの特徴だが、
ことSBC-HP1000にのみ言えば、“鳴らす音への魅力”という点でいえば、
この機種を上回るヘッドホンは、そうそう他にはないだろう。

[[ izo / iHA-1B ]]
080106-111418.jpg

AT-DHA3000を使う前に使用していたヘッドホンアンプ。
新進気鋭の国産オーディオメーカー「izo(アイジオ)」が長い時間をかけて独自開発。
大きさはDVDケース程度にもかかわらず、大型アンプにも負けない力強さを持つ。
このヘッドホンアンプは「R-spec」と位置づけられているが、
なかでもこの機種は「Type-B」という、もっともダイナミックで品質の高い音作りとなっている。
(Type-Aはオーソドックスな万能型、Type-Cは音が軽く、ロックや打ち込み系に向く)

2007年、izo自体に大きな動きはなく、開発に専念していたのだが、
2008年年明けと同時に、長らく待望のパワーサプライユニットや
新規開発されたヘッドホンアンプ、パワーアンプや真空管ヘッドホンアンプが続々発表。
今後が期待される国産オーディメーカーである。

iHA-1Bにも使用できるパワーサプライユニットiPSUがまもなく発売となるのだが、
材料調達が非常に困難らしく、受注発注、かつ期間限定の販売となるらしい。
現在愛用しているAT-DHA3000で十分な能力を持っているのだが、
本気を出したiHA-1Bの音も是非聴いて見たい気持ちもあるため、
もしかしたら、またこのヘッドホンアンプが活躍するときが来るかもしれない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
簡易版機種別ショートカット
※各機種の関連記事にリンクします。
[STAX]
4070
[DENON]
AH-D7000(balanced)
[audio-technica]
ATH-W5000(balanced)
[audio-technica]
ATH-ESW10JPN
[ULTRASONE]
edition9(balanced)
[GRADO]
GS1000(balanced)
[GRADO]
PS1000(balanced)
[SENNHEISER]
HD800(balanced)
[Victor]
HP-DX1000
[AKG]
K701(balanced)
[SONY]
MDR-SA5000
[STAX]
SR-007A
 
[audio-technica]
ATH-ESW9
[STAX]
SR-001MK2
[SONY MUSIC]
MDR-CD900ST
[STAX]
SR-404
[PHILIPS]
SBC-HP1000
 
[HeadRoom]
Balanced Home Amp
[STAX]
SRM-007tA
[HeadRoom]
Portable Micro Amp
 
[Mark Of The Unicorn]
828mkII FireWire
[PS Audio]
Power Plant Premier
 
[岩井喬(書籍)]
新・萌えるヘッドホン読本(リンク集)
ブログ内検索
プロフィール
管理人:
誕生日(年齢):
1983/06/19(33歳)
近況メモ:
2016/11/25 - あっという間に時が流れ、このblogも開設から10年目。2016年はその締めくくりをしたく思っています。2000年代後半にハイエンドの虜になった、一人のマニアの軌跡です。

↓blog管理人直通メール↓
headphone.at.digi@gmail.com

※本blogはリンクフリーですが
 事後でも連絡があると嬉しいです。
 記事・画像の無断転用は遠慮下さい。
 意見質問等はコメントorメールを。

カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]