忍者ブログ
ハイエンドヘッドホンと、デジタルオーディオの可能性を追求し続ける「だおさん」の紆余曲折blog。週1回(日曜日)or不定期更新。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

080115.jpg
[[ 頂点の音が、ここに。 ]]

SR-007Aを130時間ほど鳴らした。
もちろん、これはあくまで主観なので、聴こえ方は人それぞれだが、
劇的に変わったのは鳴らし始めから80時間ほどしたあと。
それまでは、以前の記事でも述べたように、
ATH-W1000に良く似た、繊細丁寧な音作りだったのだが、
徐々に低音がかなりしっかり鳴るようになってきた。


もともと、弦楽器などの繊細な音は圧倒的な表現力だったが
そこにダイナミック型にも劣らない低音のパワーが入って、
いよいよ「至高のヘッドホン」たる存在を露にした感がある。

ことSR-007Aを使っていて思うのは、
使えば使うほど、耳に馴染む不思議な装着感だろう。
天然素材だからだろうか、時間をかけて肌になじみ、
1時間もすれば外すことすら憚れるほどの心地よさ。
それでいて、音もあくまで純粋で素直な鳴り方。
一度聴き始めると、それこそ時間を忘れて音に溺れてしまう。

どの音楽を鳴らせても、最高級の音が鳴る。
STAXの傾向で言えば、クラシックは得意だけど打ち込みは聴けない、
また、高級機なら録音の悪い曲やmp3なんて聴いても面白くない、
そんな評判が普通だ。
しかし、SR-007A程になれば、録音の悪い曲もそこそこ聴ける音に鳴るし、
打ち込み系もダイナミック型の低音とは違った音で楽しめる。

音楽好きがさらに音楽にのめりこみ、
音楽に興味のない人さえ、音楽に魅力を感じざるを得ない。
これが、SR-007Aの最大の魅力であり、恐ろしさでもある。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
簡易版機種別ショートカット
※各機種の関連記事にリンクします。
[STAX]
4070
[DENON]
AH-D7000(balanced)
[audio-technica]
ATH-W5000(balanced)
[audio-technica]
ATH-ESW10JPN
[ULTRASONE]
edition9(balanced)
[GRADO]
GS1000(balanced)
[GRADO]
PS1000(balanced)
[SENNHEISER]
HD800(balanced)
[Victor]
HP-DX1000
[AKG]
K701(balanced)
[SONY]
MDR-SA5000
[STAX]
SR-007A
 
[audio-technica]
ATH-ESW9
[STAX]
SR-001MK2
[SONY MUSIC]
MDR-CD900ST
[STAX]
SR-404
[PHILIPS]
SBC-HP1000
 
[HeadRoom]
Balanced Home Amp
[STAX]
SRM-007tA
[HeadRoom]
Portable Micro Amp
 
[Mark Of The Unicorn]
828mkII FireWire
[PS Audio]
Power Plant Premier
 
[岩井喬(書籍)]
新・萌えるヘッドホン読本(リンク集)
ブログ内検索
プロフィール
管理人:
誕生日(年齢):
1983/06/19(34歳)
近況メモ:
2016/11/25 - あっという間に時が流れ、このblogも開設から10年目。2016年はその締めくくりをしたく思っています。2000年代後半にハイエンドの虜になった、一人のマニアの軌跡です。

↓blog管理人直通メール↓
headphone.at.digi@gmail.com

※本blogはリンクフリーですが
 事後でも連絡があると嬉しいです。
 記事・画像の無断転用は遠慮下さい。
 意見質問等はコメントorメールを。

カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]