忍者ブログ
ハイエンドヘッドホンと、デジタルオーディオの可能性を追求し続ける「だおさん」の紆余曲折blog。週1回(日曜日)or不定期更新。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
本年も当ブログをよろしくお願いいたします。


ハイエンドヘッドホンに焦点を合わせて、
昨年度はさまざまなハイエンド機種を入手してきたが、
まずは現在継続中のローン返済を完了した後で
次の目標を定めたいと思う今日このごろである。

今のところ気になっているのは
今春発売予定のedition8と、
発売未定だが情報が出ているゼンハイザーのHD680。
ゼンハイザーは長年食わず嫌いで敬遠してきたのだが、
そろそろそんなことも言っていられないかとも思い始めている。

なにはともあれ、ヘッドホンを愛する、いちユーザとして、
このブログから一人でも多くの人にその魅力を伝え続ければと思っている。

ヘッドホンでより良い音を、を目指してこのブログを立ち上げ、
昨年はさまざまなヘッドホンを購入してきたが、
正直なところ、「目指している音」にたどり着いた感がある。
もともとバランスedition9とSR-007Aという
ヘッドホン最高峰の二機種の音を聴いた時点で
ヘッドホンが目指せる最高到達点は何となく予感できた。

今現時点でいう限り、
音として最も優れているヘッドホンはSTAXの4070。
総合的な良さ(音のバランス、装着感など)は
バランスK701、というのが私個人の感想だ。
個性として良いところがある、という意味で使用頻度が高いのが
DX1000、edition9あたりになる。

昨年のハイエンド新商品としてDENONのD7000や
audio-technicaのA2000X等が出たが、
どうも「高価=万能」を目指している気がして個性が弱い。
個性のない高価なヘッドホンは、私自身は特に欲しくはない。
万能、という観点なら、STAX、特に4070やSR-007Aには
まず勝ることはないからだ。
ハイエンドヘッドホンという立ち位置から、攻めの姿勢を見てみたい。
そういった意味で、edition8は非常に興味深く見える。

残念ながら、今年はヘッドホン自体買い控えする気がする。
新鮮な情報を発信できないかもしれないが、
末永く、細々と、私自身の視点で
ヘッドホンの良さを伝えていければ、と思っている。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
はじめまして
昨年秋頃からヘッドフォンにハマりこちらのような所を探し続けようやくたどり着きました
所有機はテクニカA900、ON3とULTRASONE HFI-580とハイエンドにはほど遠いですがよろしければご指導等お願いしますm(_ _)m
坊SE 2009/01/05(Mon)20:08:33 編集
Re:はじめまして
坊SEさん
はじめまして。そしてコメントありがとうございます!

A900を所有している時点で良い着眼点を持っていると思います。
ヘッドホンの買い方は人それぞれですが、
まず今自分の持っている機種を十分聴きこんで
どんな音が欲しいかを分析するのが良いと思います。

「高音が好き」「低音が好き」「バランスが良いほうが…」で
選択肢がある程度定まってきますし、
よく聴くジャンルがどんなものかも重要になります。
そのあたりが見えてきたら、所有者のレビューや
実際の試聴などを通じて、自分のお気に入りが探せるようになるでしょう。

大事なのは、ヘッドホンを通じて音楽を楽しむことです。
(コレクターの道に進むのもまた一興ですが…)
自分の好きな音楽を、最高の音で楽しめるよう
ぜひ精進してください。

他に質問等ありましたら、
このコメント欄でいつでも質問してください!
【2009/01/09 23:37】
音の魔力
あけましておめでとうございます。

ヘッドホンに限れば既に限りなく到達点に近づいており、あるのかないのかわからないほどに僅かな可能性に賭けて惰性でヘッドホンを買い続けているような状態でしょうか。
だとしたら私と非常に似た境遇です。

いい加減区切りをつけて電源まわりやDAC等に注力したいとは思いつつ、e8やHD680を買うことになってしまうのは人間の強欲という部分を体言しているいい例なのでしょうね。
それを言い出したらオーディオなんて趣味やってられませんがw

上には上の世界が果てしなく存在します。
上の世界を知ることが幸せなのか否かは考え方次第で変化するでしょうが、私は前進する気持ちを捨てないようにしたいと思っています。
が・・・現実的に考えると限界がありますよね、資金面でw
出来る範囲内でお互い頑張りましょう!
オーディオとは長い付き合いになりそうです。

今年もよろしくです。
まみそ 2009/01/04(Sun)23:02:50 編集
Re:音の魔力
まみそさん
コメント、ありがとうございます!
そして、あけましておめでとうございます。

私はヘッドホン収集できるようになった頃は
中堅帯のヘッドホンをたくさん集めようと思っていたものです。
結局「高いものが一番いいだろう」と安易に考えて
手早くSR-007Aとedition9を手に入れたはいいのもの、
それでは満足できなくて、今は一定のレベルを保ちつつ、
他のメーカーごとの「個性」を求め続けてます。

多分、もっと本格的なものを目指すなら、
ヘッドホンは卒業すべきなのかもしれません。
が、どう考えてもこれ以上は財力の限界なのでw、
ヘッドホンで目指せる高みを引き続き目指していこうと思います。
音場の絶対定位というヘッドホンの音が好きというのもありますし。

今年もお互い頑張っていきましょう!
【2009/01/09 23:13】
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
簡易版機種別ショートカット
※各機種の関連記事にリンクします。
[STAX]
4070
[DENON]
AH-D7000(balanced)
[audio-technica]
ATH-W5000(balanced)
[audio-technica]
ATH-ESW10JPN
[ULTRASONE]
edition9(balanced)
[GRADO]
GS1000(balanced)
[GRADO]
PS1000(balanced)
[SENNHEISER]
HD800(balanced)
[Victor]
HP-DX1000
[AKG]
K701(balanced)
[SONY]
MDR-SA5000
[STAX]
SR-007A
 
[audio-technica]
ATH-ESW9
[STAX]
SR-001MK2
[SONY MUSIC]
MDR-CD900ST
[STAX]
SR-404
[PHILIPS]
SBC-HP1000
 
[HeadRoom]
Balanced Home Amp
[STAX]
SRM-007tA
[HeadRoom]
Portable Micro Amp
 
[Mark Of The Unicorn]
828mkII FireWire
[PS Audio]
Power Plant Premier
 
[岩井喬(書籍)]
新・萌えるヘッドホン読本(リンク集)
ブログ内検索
プロフィール
管理人:
誕生日(年齢):
1983/06/19(34歳)
近況メモ:
2016/11/25 - あっという間に時が流れ、このblogも開設から10年目。2016年はその締めくくりをしたく思っています。2000年代後半にハイエンドの虜になった、一人のマニアの軌跡です。

↓blog管理人直通メール↓
headphone.at.digi@gmail.com

※本blogはリンクフリーですが
 事後でも連絡があると嬉しいです。
 記事・画像の無断転用は遠慮下さい。
 意見質問等はコメントorメールを。

カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]