忍者ブログ
ハイエンドヘッドホンと、デジタルオーディオの可能性を追求し続ける「だおさん」の紆余曲折blog。週1回(日曜日)or不定期更新。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

090118.jpg

Headroom社のサイトによると、
Balanced Home AmpとBalanced MAX Ampが
ディスコン(生産中止)になっているそうだ。
バランス型ヘッドホンアンプの旗艦モデルの一つとして
存在感ある機種であっただけに、非常に残念である。

バランス型ヘッドホンアンプとしては、
現在開発中となっている国産メーカーC.E.CのHD53Nが期待されるところだが、
そもそも現在はバランス型ヘッドホンの入手すら困難である。
多くの期待を背負い、ヘッドホン界への新風を望まれたバランス型が
世間に広く認められるまでの道のりは、まだ非常に険しいといえる。

世間の潮流として、(今に始まったことではないが)
音楽、音響機器ともに手軽になることが望まれているといえる。
独自規格で究極の音質を求めたSACDやDVD-Audioが流行らず、
汎用性のある圧縮音源で音楽配信が主流となりつつある。

バランス型の弱点は、汎用性の低さと価格設定にあるといえる。
一度バランスにしてしまうと、バランスヘッドホンアンプでしか使えず、
ヘッドホンアンプの使い分けまで視野に入れているユーザにとっては
選択肢の幅、つまりは使用用途を限ってしまうことになる。

また、バランス型になるとヘッドホンもアンプも価格が跳ね上がる。
私自身は、それに見合う効果はあると思っているのだが、
人によってはそこにお金をかけるより別のヘッドホンを購入する方が
満足感が得られる人もいるだろう。

個人的に懸念している点として、世界的な不況にある経済状況も気になる。
どう考えても少数派のバランス型が、この不況下の中で
新たに生み出す体力がメーカーにあるのかどうか、正直疑問だ。
趣味の音響はどうしても贅沢品の類なので
消費が冷え込んでしまえば、企業としては少しでも売れる商品を…
そう考えると、バランスヘッドホンの将来は決して明るくない。

しかし、それを言えば、
STAXの静電型も規格から外れた扱いにくい機種にもかかわらず
オーディオファンから一定の信頼を得ているという前例がある。
STAXの静電型とバランス型を一律に扱うのは確かに無理があるのだが、
バランス型のいちファンである私としては、
STAXのようなメーカーがバランス型ヘッドホンの世界にも
ぜひ生まれてほしいと願っている。

そういった意味で、今回のHeadroomのディスコンは非常に残念な話だ。
Balance Home、MAXに続く後継機が出ることを願ってやまないばかりである。
同時に、バランスヘッドホンがもう少し入手しやすく、
選択肢が広がれば言うことはないのだが…。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
まさかこんなに速くディスコンになるとは思っても無かったです
非常に残念です
Headroomには是非後続機を作ってもらいたいです。
私としては10~15万レベルの据え置きも新しく作って欲しいですけど・・・

つきじ URL 2009/01/19(Mon)00:31:33 編集
Re:無題
つきじさん
コメント、ありがとうございます!

ほぼオーダーメイドのような販売スタイルだったのもあり、
あの筺体サイズを考えても量産は難しかったでしょうね…
バランスヘッドホンのノウハウを持っている数少ないメーカーだけに、
ぜひとも後継機を期待したいです。
【2009/01/26 21:16】
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
簡易版機種別ショートカット
※各機種の関連記事にリンクします。
[STAX]
4070
[DENON]
AH-D7000(balanced)
[audio-technica]
ATH-W5000(balanced)
[audio-technica]
ATH-ESW10JPN
[ULTRASONE]
edition9(balanced)
[GRADO]
GS1000(balanced)
[GRADO]
PS1000(balanced)
[SENNHEISER]
HD800(balanced)
[Victor]
HP-DX1000
[AKG]
K701(balanced)
[SONY]
MDR-SA5000
[STAX]
SR-007A
 
[audio-technica]
ATH-ESW9
[STAX]
SR-001MK2
[SONY MUSIC]
MDR-CD900ST
[STAX]
SR-404
[PHILIPS]
SBC-HP1000
 
[HeadRoom]
Balanced Home Amp
[STAX]
SRM-007tA
[HeadRoom]
Portable Micro Amp
 
[Mark Of The Unicorn]
828mkII FireWire
[PS Audio]
Power Plant Premier
 
[岩井喬(書籍)]
新・萌えるヘッドホン読本(リンク集)
ブログ内検索
プロフィール
管理人:
誕生日(年齢):
1983/06/19(34歳)
近況メモ:
2016/11/25 - あっという間に時が流れ、このblogも開設から10年目。2016年はその締めくくりをしたく思っています。2000年代後半にハイエンドの虜になった、一人のマニアの軌跡です。

↓blog管理人直通メール↓
headphone.at.digi@gmail.com

※本blogはリンクフリーですが
 事後でも連絡があると嬉しいです。
 記事・画像の無断転用は遠慮下さい。
 意見質問等はコメントorメールを。

カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]