忍者ブログ
ハイエンドヘッドホンと、デジタルオーディオの可能性を追求し続ける「だおさん」の紆余曲折blog。週1回(日曜日)or不定期更新。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日行われたフジヤエービック主催の「春のヘッドホン祭り」にも出展されていた
K701のバランス改造版、K701 Silver Dragonを
同じくフジヤエービック デジタルスタイルショップにて購入した。
(こちらは限定生産につき、予約していない場合はフリー在庫がある場合のみ購入可能。
 詳細はフジヤエービック ホームページにて。)

購入報告と、機種の特徴を簡単に記す。

08042301.jpg

外箱。サイズは標準的。それなりの重さもある。
天板には、おそらく店頭陳列用のひっかけ口がある。
若干外箱に傷が多いのは、完全新品ではないため、致し方ないか。

08042302.jpg
「Silver Dragon」と書かれたシール。
なお、このSilver DragonとはMoon Audioのケーブル名で、
他にBlue DragonとBlack Dragonが存在する。
Sliver Dragonは99.99%の銀を、Blue/Black Dragonは99.999%の銅を
導体として使用している。
BlueとBlackだと、Blueのほうが導線が細く、
簡単に言えばBlue Dragonは廉価版と思ってもらって良い。
BlackとSilverは導線の太さ、長さ当たりの価格も同じだ。

08042304.jpg

箱を開封した状態。
前評判どおり、緩衝材の一切無い恐ろしい梱包。
運が悪いと、新品でもハウジングに小傷が沢山ついていることも。
幸い、私のほうは目立った傷は無かった。

08042306.jpg
もともと片出しケーブルだったK701を改造して
両出しのヘッドホンに。ケーブルの収束部が若干近い気がする。
ハウジングとケーブルの部分に、接着剤の跡があった。
非常に細いケーブルなので、断線には気をつけたほうがよさそうだ…。

コネクタは、もはや語るのも野暮か、NEUTRIC製。

080424.jpg
ご存知の人も多いと思うが、AKGのK601とK701は
全数チェックを行った際のシリアル№が記録されている。
私のは27649。やはり、人気機種だけあって相当世に出回っているようだ。

08042305.jpg

GS1000(GRADO)、K701(AKG)、edition9(ULTRASONE)。
現在私が所持するバランスタイプのヘッドホン三機種。
高級ヘッドホンとしても名を馳せている機種達だけに、
バランスとしての本領を発揮出来る日が待ち遠しい。
あとは、Headroom Balance Homeが揃うだけだ。


さて、K701の肝心の音のほうについて。
購入から今まで、約60時間ほど鳴らした状態。
しかし、ヘッドホンの特質か、初回の鳴らしから大幅な変化はなく、
そもそも最初からしっかりと音がなっているように思う。

やはり、想像していた通り、優等生という言葉が良く似合う音だ。
出す音に何の偏りも感じず、聴きたい音がよく前に出る印象。
低音も高音も変にでしゃばらず、中音もしっかりしているので
音の厚みもしっかりしている。
生音、打ち込み、激しい音楽も静かな音楽もそつなくこなす様は
没個性的とはいえ、この万能さはSR-007Aを髣髴とさせる。
GS1000ほどの開放感はないものの、音場は広い。

デザインのよさも好印象。
硬派で無骨なヘッドホンが多いため
白いヘッドホンは、よく映える。
専用のヘッドホンスタンド(?)も、鎮座した姿は様になる。

装着感は、意外に悪い。
側圧はそこそこ強いが許容範囲。
しかし、頭頂圧はedition9にせまるくらいの痛みを感じる。
フリーアジャストなのだが、随分抵抗の強いワイヤーが使用されている。

K701は音のエージングは不要かもしれないが、
硬いイヤパッドとフリーアジャストのヘッドバンドに
十分な「慣らし」が必要かもしれない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
簡易版機種別ショートカット
※各機種の関連記事にリンクします。
[STAX]
4070
[DENON]
AH-D7000(balanced)
[audio-technica]
ATH-W5000(balanced)
[audio-technica]
ATH-ESW10JPN
[ULTRASONE]
edition9(balanced)
[GRADO]
GS1000(balanced)
[GRADO]
PS1000(balanced)
[SENNHEISER]
HD800(balanced)
[Victor]
HP-DX1000
[AKG]
K701(balanced)
[SONY]
MDR-SA5000
[STAX]
SR-007A
 
[audio-technica]
ATH-ESW9
[STAX]
SR-001MK2
[SONY MUSIC]
MDR-CD900ST
[STAX]
SR-404
[PHILIPS]
SBC-HP1000
 
[HeadRoom]
Balanced Home Amp
[STAX]
SRM-007tA
[HeadRoom]
Portable Micro Amp
 
[Mark Of The Unicorn]
828mkII FireWire
[PS Audio]
Power Plant Premier
 
[岩井喬(書籍)]
新・萌えるヘッドホン読本(リンク集)
ブログ内検索
プロフィール
管理人:
誕生日(年齢):
1983/06/19(34歳)
近況メモ:
2016/11/25 - あっという間に時が流れ、このblogも開設から10年目。2016年はその締めくくりをしたく思っています。2000年代後半にハイエンドの虜になった、一人のマニアの軌跡です。

↓blog管理人直通メール↓
headphone.at.digi@gmail.com

※本blogはリンクフリーですが
 事後でも連絡があると嬉しいです。
 記事・画像の無断転用は遠慮下さい。
 意見質問等はコメントorメールを。

カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]