忍者ブログ
ハイエンドヘッドホンと、デジタルオーディオの可能性を追求し続ける「だおさん」の紆余曲折blog。週1回(日曜日)or不定期更新。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

080709.jpg

[[ 製造年不明、アンティークヘッドホン ]]

ハウジングには「PIONEER SE-205 HEADPHONES」とだけ書かれた、
我が家にある謎のヘッドホン。

少なくとも、私が生まれる前(1983年)から存在していたようで、
ネット上の某サイトでは1973年製、とも言われているが、
定かではない。

ただ言えることは、このヘッドホンは
私が小学2年生(1991年頃?)に、生まれて初めて手にしたヘッドホンである。
当時はヘッドホンの音や価値など当然わからないわけだが、
少なくとも「ゲームボーイ付属のイヤホンより音はいい」くらいの認識はしていた。


このヘッドホンを初めて手にしてから17年。
発売されてからで言うと、30年以上たっているのかもしれない。
今ではすっかりヘッドホンマニアになった私が、
改めてこの機種に触れてみる。
ドライブするのは、現行最高峰のヘッドホンアンプである
headroom balanced home ampだ。

耳あて内部のスポンジが欠失している、ヘッドバンド部が緩い、
経年劣化でフォーン部分の光沢が無くなっているなどあるが、
音はちゃんと鳴る。大事に保管していれば、ヘッドホンは
20年は使えることが証明できると思う。

肝心の音についていえば、中音域が突出した
典型的な廉価帯の音質、いわゆるカマボコ音質だ。
ヘッドホンアンプに対する反応もイマイチ。
どんな高純度・高ビットレートの音も
安いラジカセのような音になる。

そういった意味では、audio-technicaのATH-PRO5Vとほぼ互角程度、
ATH-ES7と比べると、かなりの落差を感じる。
新品で実売すれば5000円~7000円といったところだろう。
当時の価格は不明。

装着感はそこそこ。重量感は相当あり、edition9と同じくらいか。
側圧はきつくないが、首が相当疲れる。
よく小学生の頃こんな重いヘッドホンを使っていたな、と思う。

今は数多くのヘッドホンに囲まれているが、
いずれも発売から2~3年程度のモデルだ。
SE-205のように、10年20年と使い続けれるよう、
大事に扱っていきたいものだ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
anastrozole buy uk
anastrozole product information http://pipayqucon.com - buy anastrozole for men zdw letrozole versus anastrozole
Abetejir 2014/05/01(Thu)17:56:16 編集
anastrozole tablets price in india
ens side effects anastrozole tablets <a href=http://hqfhozckao.com>anastrozole online pharmacy</a>, anastrozole hand pain
Ajiwanp 2014/04/28(Mon)04:55:19 編集
buy anastrozole india
owd tamoxifen vs anastrozole <a href=http://hqfhozckao.com>price of anastrozole</a>, anastrozole dose men
Ahonohih 2014/04/26(Sat)19:03:50 編集
anastrozole online purchase
anastrozole medication side effects http://pupioyqb.com - buy arimidex anastrozole vjj anastrozole vs exemestane on cycle
Afumaniu 2014/03/29(Sat)11:50:15 編集
buy generic anastrozole
anastrozole for sale uk http://cefxdtioayw.com - buy anastrozole arimidex nui what is anastrozole used for
Aobipex 2013/11/16(Sat)05:17:51 編集
SE-205
私も先日、ハードオフでこのヘッドフォンを購入しました。
ほんとにラジカセのような音です・・・。
パイオニアに詳細を問い合わせたところ以下のような返答がありましたので、貼っときます。


弊社製品をご愛用いただきましてありがとうございます。

お問い合わせいただきました「SE-205」は1973年から1980年
まで販売されており、価格は3400円でございます。

以下仕様をご紹介させていただきます。

《「SE-205」仕様》

・使用スピーカー   ダイナミックタイプ密閉型(口径70Φmm)
・スピーカーユニット・インピンダンス 8Ω
・マッチングインピーダンス  4~16Ω
・感度 115dB/0.3V
・許容入力 500mW(各ユニットあたり)
・再生周波数帯域 20~20,000Hz
・接続コード   2.5m(3Pプラグ付)
・重量 450g(コードを除く)
karesukia 2008/08/22(Fri)09:25:22 編集
Re:SE-205
karesukiaさん
コメント、ありがとうございます!

問い合わせてここまで詳細な情報をくれるなんて
pioneerさすがですね…参考にさせていただきます。

それにしても、3400円とは、価格の割には
がっしりしていると思います。
以前の記事でも述べたとおり、音はともかく、
この質感なら5000円以上してもおかしくないですからね。
【2008/08/23 00:53】
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
簡易版機種別ショートカット
※各機種の関連記事にリンクします。
[STAX]
4070
[DENON]
AH-D7000(balanced)
[audio-technica]
ATH-W5000(balanced)
[audio-technica]
ATH-ESW10JPN
[ULTRASONE]
edition9(balanced)
[GRADO]
GS1000(balanced)
[GRADO]
PS1000(balanced)
[SENNHEISER]
HD800(balanced)
[Victor]
HP-DX1000
[AKG]
K701(balanced)
[SONY]
MDR-SA5000
[STAX]
SR-007A
 
[audio-technica]
ATH-ESW9
[STAX]
SR-001MK2
[SONY MUSIC]
MDR-CD900ST
[STAX]
SR-404
[PHILIPS]
SBC-HP1000
 
[HeadRoom]
Balanced Home Amp
[STAX]
SRM-007tA
[HeadRoom]
Portable Micro Amp
 
[Mark Of The Unicorn]
828mkII FireWire
[PS Audio]
Power Plant Premier
 
[岩井喬(書籍)]
新・萌えるヘッドホン読本(リンク集)
ブログ内検索
プロフィール
管理人:
誕生日(年齢):
1983/06/19(34歳)
近況メモ:
2016/11/25 - あっという間に時が流れ、このblogも開設から10年目。2016年はその締めくくりをしたく思っています。2000年代後半にハイエンドの虜になった、一人のマニアの軌跡です。

↓blog管理人直通メール↓
headphone.at.digi@gmail.com

※本blogはリンクフリーですが
 事後でも連絡があると嬉しいです。
 記事・画像の無断転用は遠慮下さい。
 意見質問等はコメントorメールを。

カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]