忍者ブログ
ハイエンドヘッドホンと、デジタルオーディオの可能性を追求し続ける「だおさん」の紆余曲折blog。週1回(日曜日)or不定期更新。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

080718_4.jpg

最近、やたら出費が増えているのだが、
さすがにもう2か月先まで赤字が確定したので
しばらく購入は控えようと思う…。

というわけで、HP-DX1000(Victor)を購入したので、
購入レポート・初回試聴レビューを行う。
インターネットの評判や購入前のイメージでは
おとなしいヘッドホンと思っていたのだが
鳴らしてみると驚きの、edition9顔負けの暴れヘッドホンだった。

080718_1.jpg

外箱。厚い紙製。
サイズは思ったより小さく、重さもあまりない。
蓋と本体がかなり密着しているので
取り出すのに少々苦労する。
普段の保存用箱として使うには不便か。

080718_2.jpg

蓋を取った直後の中身。
取扱説明書と、DX1000開発者のメッセージカードが。
化粧紙のようなものが敷かれている。

080718_3.jpg

化粧紙を取り除くと、本体が現れる。
隙間はなく、ジャストフィット梱包だ。
台紙は艶々した繊維だが、その下はただの紙。
SBC-HP1000の時と同じ状態。

080718_4.jpg

外観は、ヘッドホンということは確かにわかるのだが、
やはり普通の機種とは一線を画す、独特な風貌をしている。
木のヘッドホンはW5000、GS1000、ESW9に次いで4台目。


初回試聴、といいつつも、すでに50時間以上鳴らした。
しかし、まだ十分音が鳴りきっていないし、
今の状態に持ってくるまでにもずいぶん時間がかかった。

低音もならないし、高音域も濁ったひどいかまぼこ状態が
購入直後の音。
その後、一晩鳴らし続けると、鳴る音域は広がったものの、
中音よりちょっとだけ高い音域(オーケストラで言うと、ホルンやビオラの音域)が
全然鳴らず、中途半端なドンシャリ音に。

そんな紆余曲折を経たのだが、今ではかなりの音を鳴らすようになった。
高音域がいやらしくなく、上品な音なのが良い。
ESW9が3ランクぐらい上がったような音、といえばいいだろうか。

しかし、いろいろなサイトで「フラットな音、低音は弱い」というのが散見されたが
少なくとも私の環境では、edition9を超える超低音ヘッドホンになってしまっている。
確かに、以前某店で試聴した時も「低音が弱いなぁ、W5000みたいだ」と思っていたのだが
質もともかく、量が半端ではない。むしろ出すぎている。
edition9が低い音を直線的に大量に出す機種とすれば、
DX1000は音楽全体を包み込むような低音、
和太鼓のような空間を支配する低音と言えばいいだろうか。
今もまさに横でedition9とDX1000を聴き比べているが、
どう考えても、DX1000のほうが量が上だ…。

曲によっては、下品な低音になりかねない。
が、真価が出るのはクラシックと吹奏楽。きっと音の調整もこれらのソースなのだろう。
オーケストラのサウンドでは、音の充足感でいえばSR-007Aより上かも知れない。

正直、単なる興味本位、使用頻度は高くなることはないと思っていたが、
今やベスト3に入るぐらいお気に入りヘッドホンと化した。
今後、さらに使い続けて化けるかと思うと、ある意味、恐ろしいヘッドホンだ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
簡易版機種別ショートカット
※各機種の関連記事にリンクします。
[STAX]
4070
[DENON]
AH-D7000(balanced)
[audio-technica]
ATH-W5000(balanced)
[audio-technica]
ATH-ESW10JPN
[ULTRASONE]
edition9(balanced)
[GRADO]
GS1000(balanced)
[GRADO]
PS1000(balanced)
[SENNHEISER]
HD800(balanced)
[Victor]
HP-DX1000
[AKG]
K701(balanced)
[SONY]
MDR-SA5000
[STAX]
SR-007A
 
[audio-technica]
ATH-ESW9
[STAX]
SR-001MK2
[SONY MUSIC]
MDR-CD900ST
[STAX]
SR-404
[PHILIPS]
SBC-HP1000
 
[HeadRoom]
Balanced Home Amp
[STAX]
SRM-007tA
[HeadRoom]
Portable Micro Amp
 
[Mark Of The Unicorn]
828mkII FireWire
[PS Audio]
Power Plant Premier
 
[岩井喬(書籍)]
新・萌えるヘッドホン読本(リンク集)
ブログ内検索
プロフィール
管理人:
誕生日(年齢):
1983/06/19(34歳)
近況メモ:
2016/11/25 - あっという間に時が流れ、このblogも開設から10年目。2016年はその締めくくりをしたく思っています。2000年代後半にハイエンドの虜になった、一人のマニアの軌跡です。

↓blog管理人直通メール↓
headphone.at.digi@gmail.com

※本blogはリンクフリーですが
 事後でも連絡があると嬉しいです。
 記事・画像の無断転用は遠慮下さい。
 意見質問等はコメントorメールを。

カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]