忍者ブログ
ハイエンドヘッドホンと、デジタルオーディオの可能性を追求し続ける「だおさん」の紆余曲折blog。週1回(日曜日)or不定期更新。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

KC380061.jpg     0724_cd900st.jpg

今回の比較レビューは、STAX現行では唯一の、
そして世界初の密閉静電型イヤースピーカーである4070。

もともとこのヘッドホンは完全受注モデルで、
用途も完全に業務用モニターとなっているため、
リスニング用途のハイエンドモデルとは一線を画する。
検音機種としては日本のみならず、世界的に高い評価を受けている。

以前、SR-404との比較を行ったが、
今回はいつものとおりMDR-CD900STとの比較し、
できるだけ客観的に4070という機種を分析したい。
完全受注モデルということで、店頭試聴が滅多にできないため、
購入を考えている方に少しでもイメージが伝われば幸いだ。
PR
0727_0.jpg    0724_cd900st.jpg

今回の比較企画は、現行SONYの量産ハイエンドモデルである
MDR-SA5000。
国産ダイナミックヘッドホンとしては最高峰に位置する
Qualia 010のDNAを受け継ぐモデルとして、注目を集めた。
また、発売同時期には同じく国産ヘッドホンとしてはしのぎを削りある
audio-technicaのATH-AD2000ともバッティングし、
発売から4年以上たつ今でも国産開放型ハイエンドヘッドホンとして
今なお店頭に並ぶロングセラーモデルでもある。

いつものとおり、基準となるCD900STと比較して
SA5000がどのような機種であるかを見てみようと思う。

esw10.jpg    0724_cd900st.jpg

今回の比較企画は、オーディオテクニカEar Suit最上位モデルで
限定販売となったATH-ESW10JPN。
ハウジングに越前漆を使っているのが大きな特徴だ。

以前ESW9との比較を行ったが、
今回はこのサイトのスタンダードであるCD900STとの比較を行う。
ポータブル機では必然的に限られるハウジングスペースやドライバサイズの中で
ハイエンド機に劣らない音質を再現した、数少ないモデルではないだろうか。

まもなくedition8という、ポータブル機では最高水準のモデルが発売されるが、
デザイン性や持ち運ぶという機能性を考えれば
ESW10JPNも高い人気を維持し続けるだろう。
081228.jpg

以前、STAXのSR-404と4070を比較する企画を行ったが、
今回はaudio-technicaのハイエンドポータブルヘッドホンである
ATH-ESW9とATH-ESW10JPNを相対比較したいと思う。

発売から1年しか差がないこと、外見がほとんど同じということで
「どちらも同じ音なのではないか」と思っている人もいるのではないだろうか。
しかしその実、この両機種には音質に大きな差があるのだ。

ESW10JPNは限定販売となっており
まだ販売している店は多いが、過去の実績からいっても
まだ購入を決めかねている人はそろそろ決断した方がいいかもしれない。
かなりの長文レビューとなっているが、
そういった方々への参考資料になれば幸いである。

今回も絶対評価ではなく、
あくまでESW9とESW10との相対的な比較でレビューを行う。
レビューで使用する機材は、ポータブル機種ではなく、
ハイエンドで使用している機材を使用している。
音源については基本はCD900STとの比較レビューとほぼ同様。

0724_k701b.jpg      0724_cd900st.jpg

今回の比較レビューは、AKGの現フラグシップモデル、K701。
その中でも、ケーブルを片出しから両出しになり
moon audioの純銀ケーブルを採用したバランスモデルである
K701 Silver Dragon。

私が所有するヘッドホンの中で最も使用頻度が高く、
非常に汎用性に優れた音を持っている。
ケーブルが既存のものとは違う、接続形態がXLRのため
本来のK701サウンドとは若干異なる可能性がある。

そのあたりをご了承のうえ、比較レビューをご覧いただきたい。

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
簡易版機種別ショートカット
※各機種の関連記事にリンクします。
[STAX]
4070
[DENON]
AH-D7000(balanced)
[audio-technica]
ATH-W5000(balanced)
[audio-technica]
ATH-ESW10JPN
[ULTRASONE]
edition9(balanced)
[GRADO]
GS1000(balanced)
[GRADO]
PS1000(balanced)
[SENNHEISER]
HD800(balanced)
[Victor]
HP-DX1000
[AKG]
K701(balanced)
[SONY]
MDR-SA5000
[STAX]
SR-007A
 
[audio-technica]
ATH-ESW9
[STAX]
SR-001MK2
[SONY MUSIC]
MDR-CD900ST
[STAX]
SR-404
[PHILIPS]
SBC-HP1000
 
[HeadRoom]
Balanced Home Amp
[STAX]
SRM-007tA
[HeadRoom]
Portable Micro Amp
 
[Mark Of The Unicorn]
828mkII FireWire
[PS Audio]
Power Plant Premier
 
[岩井喬(書籍)]
新・萌えるヘッドホン読本(リンク集)
ブログ内検索
プロフィール
管理人:
誕生日(年齢):
1983/06/19(34歳)
近況メモ:
2016/11/25 - あっという間に時が流れ、このblogも開設から10年目。2016年はその締めくくりをしたく思っています。2000年代後半にハイエンドの虜になった、一人のマニアの軌跡です。

↓blog管理人直通メール↓
headphone.at.digi@gmail.com

※本blogはリンクフリーですが
 事後でも連絡があると嬉しいです。
 記事・画像の無断転用は遠慮下さい。
 意見質問等はコメントorメールを。

カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]